予防接種

熱中症について


(1)熱中症とは

人は、環境によって体温が変動するカエルや魚などの変温動物とは違って、24時間周期で36〜37℃の狭い範囲に体の温度を調節している恒温動物です。体内では生命を維持するために多くの営みがなされておりますが、そのような代謝や酵素の働きからみて、この温度が最適の活動条件なのです。
私たちの体では運動や体の営みによって常に熱が産生されますが、同時に、私たちの体には、異常な体温上昇を抑えるための、効率的な調節機構も備わっています。
暑い時には、自律神経を介して末梢血管が拡張します。そのため皮膚に多くの血液が分布し、外気への「熱伝導」による体温低下を図ることができます。

また汗をたくさんかけば、「汗の蒸発」に伴って熱が奪われますから体温の低下に役立ちます。汗は体にある水分を原料にして皮膚の表面に分泌されます。このメカニズムも自律神経の働きによります。
このように私たちの体内で血液の分布が変化し、また汗によって体から水分や塩分(ナトリウムなど)が失われるなどの状態に対して、私たちの体が適切に対処できなければ、筋肉のこむらがえりや失神(いわゆる脳貧血:脳への血流が一時的に滞る現象)を起こします。そして、熱の産生と「熱伝導と汗」による熱の放出とのバランスが崩れてしまえば、体温が著しく上昇します。このような状態が熱中症です。
熱中症は死に至る恐れのある病態ですが、適切な予防法を知っていれば防ぐことができます。また、適切な応急処置により救命することもできます。


(2)熱中症はどのようにして起こるのか?


熱中症の起こり方(熱中症環境保健マニュアルより引用) 熱中症の起こり方


熱中症を引き起こす条件(熱中症環境保健マニュアルより引用)

熱中症を引き起こす条件


どのような場所でなりやすいか?
高温、多湿、風が弱い、輻射源(熱を発生するもの)があるなどの環境では、体から外気への熱放散が減少し、汗の蒸発も不十分となり、熱中症が発生しやすくなります。
<具体例>
工事現場、運動場、体育館、一般の家庭の風呂場、気密性の高いビルやマンションの最上階など


どのような人がなりやすいか/水分減少率 主な症状
(熱中症環境保健マニュアルより引用)

どのような人がなりやすいか/水分減少率 主な症状

さらに、心臓疾患、糖尿病、精神神経疾患、広範囲の皮膚疾患なども「体温調節が下手になっている」状態であるという事です。心臓疾患や高血圧などで投与される薬剤や飲酒も労作性熱中症自律神経に影響したり、脱水を招いたりしますから要注意です。


(3)熱中症の症状

熱中症(hyperthermia)は、外気において高温多湿などが原因となって起こる症状の総称です。高温障害で、日常生活の中で起きる非労作性熱中症と、スポーツや仕事など活動中に起きる労作性熱中症に大別する事ができます。
「暑熱環境にさらされた」という条件が明らかで、熱痙攣熱失神、または熱疲労の症状があれば熱中症の疑いがあります。熱痙攣は全身痙攣ではなく「筋肉のこむらがえり」、熱失神は「立ちくらみ」です。熱疲労は、全身の倦怠感や脱力、頭痛、吐き気、嘔吐、下痢などが見られる状態です。従来は熱中症の種類(旧分類)として、これらの用語が用いられておりました。


熱失神(heat syncope):

■原因:直射日光の下での長時間行動や高温多湿の室内で起きます。発汗による脱水と抹消血管の拡張によって、体全体の血液の循環量が減少した時に発生します。
■症状:突然の意識消失で発症します。体温は正常であることが多く、発汗が見られ、脈拍は徐脈を呈します。
■治療:補液と冷却療法を行います。
■分類:I度


熱痙攣(heat cramps):

■原因:大量の発汗後に水分だけを補給して、塩分やミネラルが不足した場合に発生します。
■症状:突然の不随意有痛性痙攣と硬直で生じます。体温は正常であることが多く、発汗が見られます。
■治療:経口補水液(水1リットルに対し砂糖40g、塩3g)の投与を行う。
■分類:I度


熱疲労(heat exhaustion):

■原因:多量の発汗に水分・塩分補給が追いつかず、脱水症状になったときに発生します。
■症状:症状は様々で、直腸温は39℃程度まで上昇しますが、皮膚は冷たく、発汗が見られます。
■治療:輸液と冷却療法を行います。
■分類:U度


熱射病(heat stroke)日射病(sun stroke)とも言います

■原因:視床下部の温熱中枢まで障害されたときに、体温調節機能が失われることにより生じます。
■症状:高度の意識障害が生じ、体温が40℃以上まで上昇し、発汗は見られず、皮膚は乾燥しています。
■治療:緊急入院で速やかに冷却療法を行います。
■分類:V度

旧分類

旧分類

熱中症の重症度を臨床医療の現場での混乱を招かないように、「具体的な治療の必要性」の観点から、熱中症T度・U度・V度と記すように、日本神経救急学会により改定されました。


■T度:現場での応急処置で対応できる軽症
■U度:病院への搬送を必要とする中等症
■V度:入院して集中治療の必要性のある重症

熱中症の症状と重症度分類
(熱中症環境保健マニュアルより引用)

熱中症の症状と重症度分類


(4)どういうときに熱中症を疑うか?

非常に暑い環境下であって、上記の表に示す様な症状があれば熱中症をすぐに疑うことができます。しかし、このような典型例ばかりが熱中症ではありません。まず、熱中症の発生は、梅雨の合間に突然気温が上昇した日や梅雨明けの蒸し暑い日など、身体が暑さに慣れていない時に起こりやすいということを念頭に置いておく必要があります。

環境因子

環境因子

熱中症の危険信号として、次の症状が生じている場合には積極的に熱中症を疑うべきでしょう。


熱中症の危険信号

熱中症の危険信号


(5)熱中症を疑ったときに何をするべきか?

熱中症を疑った時には、死に直面した緊急事態であることをまず認識しなければなりません。重症の場合は救急隊を呼ぶことはもとより、現場ですぐに体を冷やし始めることが必要です。


現場での応急措置

現場での応急措置


熱中症を疑ったときには何をするべきか(現場での応急措置)
(熱中症環境保健マニュアルより引用)

熱中症を疑ったときには何をするべきか


(6)医療機関に搬送するとき

医療機関への情報提供

医療機関への情報提供

医療機関が知りたいこと

医療機関が知りたいこと


病院での治療

病院では全身の冷却、脱水(循環血液量が不足している)に対する水分補給、電解質(ナトリウムやカリウムなど塩分)の異常に対する補正、酸塩基バランス(代謝の障害から体液は酸性に傾いている)の補正などが直ぐに開始されます。全身の冷却には以下の方法が用いられます。


@体表からの冷却方法

<氷枕・氷嚢>

氷枕や氷嚢を頚部、腋窩(腋の下)、鼠径部(大腿の付け根)に置きます。この方法により体表に近い動脈内を流れている血液を冷やします。

<冷却マット>

冷水を通したブランケットを敷いたり掛けたりします。

<蒸泄法>

水を浸したガーゼを体に広く載せて、扇風機で送風します。アルコールを用いる場合もあります。

<ウォームエアスプレー法>

全身に微温湯または室温水を霧状の水滴として噴きつけ、扇風機で送風します。


A体の内部から冷却する方法

<胃管または膀胱カテーテルを用いる方法>

胃や膀胱に挿入した管を用いて、冷却水で胃壁ないし膀胱壁を流れている血液を冷やそうというものです。冷却した生理食塩水を入れては出すという操作を繰り返します。

<体外循環を用いる方法>

人工(血液)透析などは体外に血液を導き出して再び戻すという方法です。この方法に準じて血液が体外に出ている間に物理的に血液を冷やしてそれを体内に戻すという方法です。

また、V度の熱中症では人工呼吸器を用いた呼吸管理や腎不全(尿が出ない)に対する透析療法なども行われます。ほとんどの場合、これらは集中治療室で行われます。


(7)熱中症を防ぐためには

1.日常生活での注意事項

熱中症は生命にかかわる病気ですが、予防法を知っていれば防ぐことができます。熱中症を防ぐためには、日常生活における注意が基本となります。

熱中症を防ぐためには

服装を工夫しましょう

皮膚表面まで気流が届き、汗を吸って服の表面から蒸発させることができるものが理想です。
近年開発されている吸汗・速乾素材や軽・涼スーツなども活用しましょう。
太陽光の下では、輻射熱を吸収して熱くなる黒色系の素材は避けた方がよいでしょう。

また、首周りをネクタイや襟で締めると、前胸部の熱気や汗が出て行きにくくなり不快感を生じます。襟元はなるべくゆるめて通気しましょう。
熱中症を防ぐために、そして、地球温暖化防止のためにぜひ、クールビズ「COOL BIZ」を実行してみて下さい。

空調設備(エアコン)使用のポイント


こまめに水分を補給しましょう

「水分を摂り過ぎると、汗をかき過ぎたり体がバテてしまったりするのでかえってよくない」というのは間違った考え方です。体温を下げるためには、汗が皮膚表面で蒸発して身体から気化熱を奪うことができるように、しっかりと汗をかくことがとても重要です。汗の原料は、血液中の水分や塩分ですから、体温調節のために備えるには、汗で失った水分や塩分を適切に補給する必要があります。
暑い日には、知らず知らずにじわじわと汗をかいていますので、身体の活動強度にかかわらずこまめに水分を補給しましょう。特に、湿度が高い日や風が弱くて皮膚表面に気流が届かない条件の下では、汗をかいても蒸発しにくくなりますので、汗の量も多くなります。その分、十分な水分と塩分を補給しましょう。

また、人間は、軽い脱水状態のときにはのどの渇きを感じません。そこで、のどが渇く前あるいは暑いところに出る前から水分を補給しておくことが大切です。
なお、どのような種類のお酒であっても、アルコールは尿の量を増やし体内の水分を排泄してしまうため、汗で失われた水分をビールなどで補給しようとする考え方は誤りです。一旦吸収した水分も、それ以上の水分がその後に尿で失われてしまいます。

こまめに水分を補給しましょう

熱中症環境保健マニュアルより引用


急に暑くなる日に注意しましょう

熱中症は、例年、梅雨入り前の5月頃から発生し、梅雨明けの7月下旬から8月上旬に多発する傾向があります。人間が上手に発汗できるようになるには暑さへの慣れが必要です。

暑い環境での運動や作業を始めてから3〜4日経つと、汗をかくための自律神経の反応が早くなって、人間は体温上昇を防ぐのが上手になってきます。さらに、3〜4週間経つと、汗に無駄な塩分を出さないようにするホルモンが出て、熱けいれんや塩分欠乏によるその他の症状が生じるのを防ぎます。このようなことから、急に暑くなった日に屋外で過ごした人や、久しぶりに暑い環境で活動した人は、熱中症になりやすいのです。暑さには徐々に慣れるように工夫しましょう。

急に暑くなる日に注意しましょう

熱中症環境保健マニュアルより引用


暑さに備えた体作りをしましょう

熱中症は梅雨の合間に突然気温が上がった日や、梅雨明けの蒸し暑い日によく起こります。このようなとき体はまだ暑さに慣れていないので熱中症が起こりやすいのです。暑い日が続くと、体がしだいに暑さに慣れて(暑熱順化)、暑さに強くなります。この慣れは、発汗量や皮膚血流量の増加、汗に含まれる塩分濃度の低下、血液量の増加、心拍数の減少などとして現れますが、こうした暑さに対する体の適応は気候の変化より遅れて起こります。

暑熱順化は、日常運動をすることによっても獲得できます。運動の強さ・時間・頻度や環境条件に影響されますが、実験的には暑熱順化は運動開始数日後から起こり、2週間程度で完成するといわれています。そのため、日頃からウォーキングなどで汗をかく習慣を身につけて暑熱順化していれば、夏の暑さにも対抗しやすくなり、熱中症にもかかりにくくなります。じっとしていれば、汗をかかないような季節からでも、少し早足でウォーキングし、汗をかく機会を増やしていれば、夏の暑さに負けない体をより早く準備できることになります。


個人の条件を考慮しましょう

熱中症の発生には、その日の体調が影響します。

暑さに対して最も重要な働きをする汗は、血液中の水分と塩分から作られます。脱水状態や食事抜きといった状態のまま暑い環境に行くことは、絶対に避けなければなりません。特に深酒をして二日酔いの人は、非常に危険ですから、体調が回復して、食事や水分摂取が十分にできるまでは、暑いところでの活動は控えなければなりません。

活動の後には体温を効果的に下げるように工夫します。そのためには、よい睡眠を取り、涼しい環境でなるべく安静に過ごすことが大切です。

風邪などで発熱している人、下痢などで脱水状態の人、肥満の人、小児や高齢の人、心肺機能や腎機能が低下している人、自律神経や循環機能に影響を与える薬物を飲んでいる人は、熱中症に陥りやすいので、暑い場所での運動や作業の負荷を軽減する必要があります。

運動・仕事の前に

熱中症環境保健マニュアルより引用


集団活動の場ではお互いに配慮しましょう

熱中症の予防には、個人ごとの努力とともに集団生活におけるお互いの配慮や注意も必要です。

まず、暑さが避けられない場所での運動や作業は、なるべく短時間で済ませるようにします。責任者は、集団活動のスケジュールを工夫したり、暑さや身体活動強度に合わせてこまめに休憩を入れたり、選手や作業者を交代させて一人あたりの活動時間を短くしたりしましょう。

そして、暑い場所での集団活動で忘れてはならないものは、水分と塩分(ナトリウム)の補給です。のどの渇きの感覚に頼っているといずれも不足してしまいますから、活動を始める前から補給を始めるのがポイントです。また、水分だけを補給していると血液中の塩分濃度が低下して、塩分欠乏による様々な症状が生じることがありますから、たくさん汗をかくような状況では塩分も補給するよう注意しましょう。

集団活動における熱中症対策のポイント

熱中症環境保健マニュアルより引用


毎年、熱中症が多く発生し始める6月よりも前に、集団活動で管理が要求される分野では責任者を対象に熱中症についての予防や対策について周知することが大切です。

さらに、いざというときに紹介できる医療機関を調べておきましょう。実際に、医療機関で受診させる際は、運動や仕事の様子を説明できる者が同行するようにしましょう


2.日常生活で起こる熱中症

周囲の環境から受ける熱や運動によって生じた熱は、汗が蒸発する際の気化熱によって、皮膚から冷やされます。体温の維持には、この発汗作用に加えて皮下の血液循環状態が重要です。体内では、伝導によって身体の中心部の熱を体表面に運び、皮膚から周囲環境へ逃がしているのです。

人体の水分分布は、体重の53%が水分で、それらは血漿、間質液(組織液)、細胞内液に分けられます。また、概ね筋肉(骨格筋重量)の80%、脂肪(脂肪組織重量)の50%は水分で占められています。

一日の水分の摂取と排泄は通常はバランスがとれています。水分摂取としては、食事、飲み水、代謝水(体内で作られる水)があります。また水分排泄としては、尿、便、汗、そして呼気があります。これらの値の調節により、体内の水分バランスが保たれています。

体内の水分バランス

熱中症環境保健マニュアルより引用


高齢者の特徴

1.皮膚の温度感受性の鈍化

人が暑さにさらされると皮膚に存在する温度センサーが刺激され、その情報が脳にある体温調節中枢に伝達されます。その情報に深部からの情報も加えて体温調節中枢が暑いと判断すると、皮膚血流量や発汗量の増加が起こるとともに(自律性体温調節)、衣服の調節や冷房の利用などといった行動性体温調節がひき起こされます。高齢者では皮膚の温度感受性が鈍くなり、暑さを自覚しにくくなるので、この行動性の体温調節(衣服の調節や冷房の利用)が遅れがちになります。皮膚の温度感受性が鈍くなると、自律性体温調節の発動も遅れてきます。この行動性と自律性の体温調節の遅れが、体に熱をため、熱中症の発生へと繋がります。

そのため、高齢者は、部屋に「温度計」を置き、部屋の温度をこまめにチェックし、部屋の暑熱環境を把握するように心がけましょう。


2.暑さに対する耐性の低下

脳が暑いと判断すると、自律性体温調節として皮膚血流量や発汗量が増加します。高齢者になると、体温の上昇に伴う皮膚血流量と発汗量の増加は遅れるようになります。そのため、高齢者は若年者より熱を放散する能力が低く、体に熱がたまりやすくなり、深部体温がより上昇します。

暑くなると、皮膚への血流量が増加するため、心臓にもどってくる血液量が減少します。それを補うために心拍数の増加などが観察され、循環器系への負担が大きくなります。このような状態になると、循環器系に問題を抱えていることが多い高齢者は、トラブルを起こしやすくなります。このことにも十分留意する必要があります。

日常的に運動して若年者と同等の体力レベルをもつ高齢者では、若年者に劣らない暑さに対する耐性(同等の発汗能力など)を持っていることが明らかにされています。このことは、高齢になっても日常的な運動習慣を身につければ、高い体温調節能力を維持することができることを示しています。

高齢者の体温調節機能が低下する理由

熱中症環境保健マニュアルより引用

3.体内の水分量の変化

高齢者になると、体組成は若年者と比べて大きく変化します。すなわち、筋肉量が減少し、脂肪量が増えているということです。この変化は結果として、同じ体重であっても高齢者の体内水分量は若年者より減少していることを表しています。これに関して、高齢者は若年者と同等に発汗した場合、脱水状態に陥りやすく、回復しにくいことも報告されています。脱水状態になると、若年者と比べ同じ深部体温でも発汗量や皮膚血流量が抑制されるため、深部体温の上昇はさらに大きくなります。

一般に脱水が進むと、のどの渇きが起こり、自然に飲水行動をとります。しかし、高齢者は、脱水が進んでものどの渇きが起こりにくくなっています。これは脳の脱水を察知する能力が低下するために生じているようです。そのため、発汗する機会が多くなる夏には、高齢者はのどの渇きが起こらなくても、早め早めに水分を補給する必要があります。

高齢者は、こまめに水を摂るように努め、運動開始前にもコップ1〜2杯の水を飲みましょう。ウォーキングやトレッキングなどの間も15〜20分ごとに、100ml程度を飲むことによって体重の減少をコントロールしましょう。もちろん環境によって、また運動の強さによってはそれ以上に水を飲まなければならないこともあります。日常生活においても、夏には特にこまめに水分を補給することを忘れないでください。

高齢のアスリートや運動をする人は、のどが渇いていなくても、水またはスポーツドリンクを定期的に飲む必要があります。わずかな体重の減少も、若年者に比べ高齢者ではより重大なこととして取り扱わなければなりません。

高齢者の注意点

熱中症環境保健マニュアルより引用


小児の熱中症

小児・幼児は汗腺をはじめとした体温調節機能がまだ十分に発達しておらず、高齢者と同様に熱中症のリスクは成人よりも高いので、十分な注意が必要です。熱中症のリスクは乳幼児ではさらに高くなることが、電気毛布や電気カーペットで熱中症を引き起こして、死亡したケースからもうかがわれます。

熱ストレスが増大すると、小児は皮膚への血流量(頭や躯幹部)を著しく増加して、未発達な汗腺能力を補う放熱特性を示します。そのため、気温が皮膚温より低い場合には、この放熱特性が体重に比べて相対的に体表面積が大きいという体格特性とあいまって、深部体温を若年成人とほぼ同様に調節することができます。しかし、気温が皮膚温より高い場合には、相対的に大きな体表面から、周囲の熱を獲得し、かつ、未発達な発汗機能が大きく影響して、小児の深部体温上昇は若年成人より大きくなります。そのため、急激に温度が上昇する炎天下の車内には、わずかな時間でも子どもだけを車内にとり残さないようにしましょう。

高温環境下の小児には、熱失神がよく観察されます。これは小児の放熱特性(過度な皮膚血管の拡張)と未発達な血圧調節に起因するようです。

小児の熱中症

熱中症環境保健マニュアルより引用

小児の熱中症を防ぐポイント

熱中症環境保健マニュアルより引用



熱中症環境保健マニュアル(2011年5月改訂版)を元に菊地医院が作成

TOPICS
  • 当院のご案内
  • 医師のご紹介
  • 院内風景
  • 菊地医院ブログ
  • 菊地医院コラム
  • 求人情報
ブログ
医療法人社団美草会 菊地医院